串本町議 仲江たかまるプロフィール


  • 1957年10月7日 古座町姫で生まれる。  
  • 古座高校で演劇部長をつとめ、3年生のときに別役実の「正午の伝説」で近畿大会に出場。                    
  • 高校卒業後、国鉄に就職。新宮駅・三輪崎駅・白浜駅・天王寺駅で勤務する。国鉄労働組合に加入し、新宮駅連区分会青婦部長などつとめる。            
  • 19歳のとき演劇部の後輩の加見安利と二人でフォークデュオ「あおのりず」を結成。新宮市民音楽祭や田辺市の木の国フォークジャンボリーなどに出演。        
  • 21歳のとき劇団古座小劇場を旗揚げし、清水邦夫の「僕らが非情の大河を下るとき」で七川・新宮・串本を巡業。この年、日本共産党に入党。              
  • 30歳のときJRを退職し、町議選挙に立候補し当選。古座町が合併により消滅するまで、5期17年務める。        
  • 2005年4月1日より合併に伴い新串本町が発足。5月1日に行われた町議選挙で当選。現在4期目。   
  • 紀州語り部に所属し、第5福竜丸建造の歴史や串本町の戦争遺跡案内など平和の語り部として活動中。          
  • 家族 妻 母親と同居。 1男2女は既にそれぞれの家庭を持ち暮らしている。
 



 
 青のりず・こざがわ親子劇場・大辺路刈り開き隊それぞれのテーマソングとして作った歌です。ウーパッパーウーは振り付けもあります。

 ウーパッパーウー(橋杭岩ジオサイト)  原曲 仲江 玄  作詞・作曲 仲江 孝丸
青のりずのテーマ   作詞・作曲  仲江たかまる・加見安利
夢と希望と友情を    作詞・仲江たかまる 仲江すみ子 作曲・仲江たかまる
一緒に歩こう      作詞・作曲  仲江たかまる
大辺路ウォーク     作詞・作曲  仲江たかまる