仲江孝丸活動メモ

 このページは仲江たかまるの私的な日記です。時には冗談も交えていますので、冗談を理解できない無粋な人は速やかに退場して下さい。 EXIT  

 
トップページへ

  
 7月19日 議員団会議

 朝から日本共産党新宮東牟婁地方議員団会議が勝浦事務所で開かれ出席する。主な協議内容は4中総の討議と対県要求の集約。午後からは主に日曜版の配達。

 7月18日 パワーポイント

 最近プレゼン資料を作る機会が多い。8月8日に共産党の全県議員研修会が開かれる予定で、私は串本町のコミュニティーバスについて15分間の報告を求められているので、今から資料作りを行っている。

 昨日の海士入りをアクションカメラで撮影し、編集したものをフェイスブックにアップしたら、4人の人がシェアしてくれた。暑い日が続くので、涼しげな動画が心地よいのだろう。

 7月17日 海中散歩

 朝から生活相談に関して社会福祉協議会を訪ねたが、事務局長は不在で暫く休むとの事。家に帰り涼しいうちに姫区収益事業会計の帳簿の整理。

 午後から家の前の磯に海士入りに行く。西風が吹いて風波がたっていたので、磯の東側に潜る。伊串の海域まで行くと予想外に澄んでいて、持って行ったアクションカメラで暫く海中散歩を楽しむ。ゴンズイの群れや蛸やカワハギなどを撮影。今日はやけに法螺貝が多い日で10個は見たと思う。美味しい貝だが食べられる箇所が少なく、処理に困るので採らなかった。

 サザエをそこそこ採ったので、場所を移動してそろそろ上がろうかなと思っていたら、立て続けにアワビをGET!海士入りの楽しさはなんといってもこれである。

 7月16日 海士入り

 久々に予定の入っていない日。早朝から2人の来客がある。女房は宇久井の孫に会いに行ったが、絶好の天気で海から呼ぶ声が聞こえたので、今年5回目の海士入りに出かける。コメリの下に行って、最初は東側に潜ったが、思ったより濁っていて、しかも古座川から流れ出した細かい腐葉土のようなゴミが沢山漂っていて、場所を変更する。カジメが年々減少していて、サザエも解禁直後に採ってしまっているので、ほとんど見当たらない。こまめに知っているポイントをチェックしてアワビを狙う。

 7月15日 町政報告会

 朝から姫区の防災保管庫の点検と風通し、そして周辺の草刈りを行う。終了後、生活相談の依頼があり、訪問し話を聞いてくる。

 午後から6月議会の町政報告会を開催する。猛暑の中参加者は少なかったが、パワーポイントを使い1時間報告をする。その後、30分余り意見交換。「議会を傍聴に行くようになって各議員の違いがよく判るようになった」「駅のエレベーターは住民運動にしていく必要がある」等々、色々な意見が出る。

 7月14日 プレゼン

 明日の午後、町政報告会を計画している。話を判り易くするためにパワーポイントで資料作りを行う。冷房の壊れた部屋で扇風機に当たりっぱなしで、終日作業をする。熱中症にならないように2時間おきに冷コーを飲む。
 「民報を見た」という人から電話があり、明日訪問する約束をする。

 7月13日 13日の金曜日

 眠っていたら首に違和感!あわてて飛び起きたらやはりムカデ、しかも特大。急いで退治してから、首に残る二つの穴から、ポイズンリムーバーを使って毒を吸出す。効果はあったようで、痛みもなく大きくは腫れなかったが、赤くなってかゆい。

 午前中文教厚生常任委員会が開かれる。精神保健福祉家族会連合会より提出された「精神障害者の交通運賃割引を求める意見書採択のお願い」の陳情の審議で、提出者の屋敷満雄氏(新宮市議会議長)を参考人招致して説明を受けた。普通町外の団体からの陳情は資料配布が慣例だが、議運が開かれたとき、内容を見たうえで、私は所管の委員会に付託するよう提案した。また定例議会中に開いた委員会では提出者を参考人招致するよう提案した。

 家族連合会長の説明は各委員の認識を大きく変えたように思う。委員会の最後に陳情の採決が行われたが、清水議員のみの反対で、採択となった。9月議会までに意見書案を作成する必要がある。

 7月12日 和歌山市へ

 女房の母親が入居している施設で転倒し、右腕を骨折したのだが、なかなか見舞いに行けないでいた。娘も行きたいというので、孫もこども園を休ませて、4人で出かける。先に和歌浦の墓に参って、その後施設へ。義母は寝ていたが、私たちが行くと起き出して女房と娘と3人で話は尽きない。

 2時間近く話をして、施設をあとにする。田辺市まで来たら地面が濡れている。家を出るときは快晴だったので洗濯物を干してきたのだが、母が取り込んでくれたものの、ヒジキの作業に行っていたので、少し濡らしてしまったそうである。

 7月11日 焼肉

 明石市の姉から牛肉が届いたのでお礼の電話を掛ける。明石市は神戸市と違って山がほとんど無いので、一部造成地で地盤が緩むなど被害はあったものの、大きな被害は無かったようである。

 8月に開かれる共産党全県議員研修会で、串本町のコミュニティーバスについて報告を求められたので、役場の担当者に現況について聞きに行く、子どもの頃から知っている職員が、聞いたことにきちんと答えてくれた。おお!成長したの~。

 ジオパーク全国大会・アポイ岳(北海道様似町)大会の参加申し込みの書式が公表され、早速参加を申し込む。辺鄙な所なので、宿舎の手配は早く行わないと、見ず知らずの人と相部屋にされかねない。

 夜は高級牛の焼肉。

 7月10日 防災

 西日本の大水害に対して、串本町はどのように対応しているのかを、消防署と防災グループで聞いてくる。消防署は7日に隊員を1次結集地の和歌山市に派遣。県内の17消防本部から30隊113名が結集し、待機するも、派遣依頼が無かったため、16時30分に解散となり串本に戻る。大都市の大きな部隊で対応できたのだろうとの事。

 防災グループでは今の所出動依頼はないが、おそらく後日被災住宅の判定のための人員要請があるだろうとの事。串本の防災グループは紀伊半島水害で経験を積み、熊本震災にも派遣され活動してきた。

 夜、観光協会のガイド部会の設立会議が開かれる。これまで何回か準備会を開いてきたが、動き出さないと、せっかくの観光客の増加に対応できない。部会長は神保圭志さん。私はその補佐役で連絡係をすることになった。

 7月 9日 議会広報委員会

 朝から議会広報特別委員会を開く。最初に発行回数を諮るが2回にしとこうが多数だった。会議の冒頭、初めて広報委員になった議員が、議会広報は面白くない。半年前の記事ら載せても誰も読んでいない。一般質問も議員の宣伝だ。とかなり積極的な意見。が、しかしニュース性を言うなら毎月発行するべきである。私はせめて毎議会発行しようと言い続けているが、だれも賛同者はいない。積極的な発言をした委員には3月議会の概要を執筆して貰う事になった。果たしてどのような面白い記事にしてくれるのか。

 午後から総会後初のジオパークガイドの会の役員会。私は今年度から理事で南エリアのリーダーである。所用で少し遅れて参加となったが、串本の出前講座の取組みを紹介する。再認定の審査の日程も決まり、ガイドの会としても「4年と同じメンバーがガイドするのではなく、若手で対応しよう。不安があればいまから特訓すればよい。」と対応を準備する事を提起する。

 7月 8日 避難訓練

 朝7時から姫区の津波避難訓練。6時半に区長が避難訓練を行う事を放送。7時前に第1次避難場所に行ったら、既に10人以上が集まっている。7時に避難を指示する放送があるのかと思いきや、放送は無い。その後集まった人数を確認して、参加賞?のティッシュを配る。役員はその後2次避難所の寺に集まり、全体の参加状況を確認する。

 7月 7日 事務作業

 各地で豪雨による被害が出ているが、いつもならどこよりも雨の降る南紀地方は大した雨はふっていない。広島県福山市新市では死者一名との事。民泊で泊まりに来た子どもたちの家は無事なのだろうか。

 遅くなったが、刈り開き隊の総会議事録を総会欠席者に送るための準備を行う。ジオパーク出前講座の説明会欠席者に追加説明のためのメールを送る。古座川町で出前講座を行うための資料作りを始める。金にならない仕事に追われる。

 7月 6日 議会報告会の準備

 朝から15日に行う議会報告会のチラシを作成する。全国では4割の議会が定例会後に議会報告会を開いている。串本町でも何度か提案してきたが、実現には至らない。そうしたこともあり、昨年の選挙以降独自で議会報告会を開いている。選挙の前後だけの活動になってはいけないと考えている。


 7月 5日 議員団会議

 早朝配達を済ませ、10時から新宮事務所で共産党新宮東牟婁地方議員団会議に出席。何や見た事のあるおいさんが出席していて、「紀宝町の議員やったかな?」と思っていたら、元海南市議で現在共産党県委員会の地方議員相談員をしている上田さんだった。

 午後から串本民報を完成させ、印刷発注する。早ければ10日、遅くとも12日の新聞に折り込まれる。

 7月 4日 自然観察会

 朝4時半起床。大辺路刈り開き隊の自然観察会のチラシをつくる。フェイスブックやら刈り開き隊BBSにアップすると早速2名から申し込みがある。
 民報の原稿は最終チェックを済ませ、串本支部の支部長にメールで送り確認を要請する。民報にも掲載しているが、7月15日に町政報告会を開くので、報告の資料の準備を始める。


 7月 3日 民報作成

 朝から大辺路街道世界遺産区域のパトロール報告をまとめメールで送付するも、データーが大きすぎて画像が送付されずに、作り直して再度送付する。

 6月議会報告の民報を完成させるべく、確認のため議会の録音を議会事務局まで聞きに行く。町政トピックスのネタが不足していたので、役場本庁まで仕入れに行く。ついでに記事に関して数名の課長と意見交換をする。記事はほぼ完成し、あとは写真とレイアウトの仕上げを残している。

 7月 2日 退院

 朝から串本民報の作成。午後から孫が退院して帰ってくる。暫く檻のようなベッドの中に閉じこもっていたので、広い所に出て少しテンションが高い。今度は娘が熱を出して寝込む。

 昼前に姫出身で泉南に在住の人が「姫川の空襲」について教えて欲しいと家に尋ねてくる。祖父は堀常さんだと言うので、ひきずり引っ張れば親戚である。泉南で歴史サークルに入っていて、定期的に同人誌のようなものを発行しているとの事で、串本町では神保さんやイズミヤさんとは面識があるという。

 7月 1日 海開き

 橋杭海水浴場とあらふね海水浴場の海開きが開催され出席。あさからどんよりと曇っているように思ったが、雲ではなく霧で、海開きが始まるようになると上空に青空が広がってきた。
 午後から新宮医療センターまで孫の見舞に行く。点滴や心拍計も外されて、本人は檻のようなベッドの中で動きたくてうずうずしている。いよいよ明日退院である。

   
先月の活動メモへ
トップページへ